戒名普及会が運営する「日本のお寺へ」ようこそ!www.kaimyo.info
日本のお寺

天台宗・比叡山延暦寺・最澄と天台宗

■天台宗・比叡山延暦寺・総本山
天台宗・比叡山延暦寺・概略
天台宗・比叡山延暦寺・最澄と天台宗
天台宗・比叡山延暦寺・東塔1
天台宗・比叡山延暦寺・東塔2
天台宗・比叡山延暦寺・東塔3
天台宗・比叡山延暦寺・西塔
天台宗・比叡山延暦寺・横川地区
日吉東照宮
日吉大社
■天台宗・比叡山延暦寺・名物
天台宗・比叡山延暦寺・おみやげ
天台宗・比叡山延暦寺・朱印

天台宗の
戒名・生前戒名
ご相談・お申込みは
こちから

最澄と天台宗のはじまり

日本の天台宗を開いたのは最澄です。最澄の天台宗のルーツは中国の高層・智(ちぎ・538年〜597年)が開いた中国天台宗です
 若き日の最澄は超エリート僧でしたが、それまでの仏教に飽きたらず、故郷に近い信仰の山・比叡山にこもり修行を積みました。
そして鑑真(中国の高僧)が奈良時代に日本へ運んできた書物によって智の教えにふれ、新しい仏教の確立をめざしました
 最澄の学識と人柄は多くの若い僧の慕うところとなり、天皇までも注目するほどでした。比叡山での最澄の修行は12年にも及び、
今日の延暦寺の基礎となる修行道場も建てられました。
しかし、最澄はおごることなく、自らの思想を究めるために思い切って中国(唐)に渡る決意をしました。
 遣唐使として中国に渡った最澄が学んだのは、智の教え(天台数学)の他、密教、禅、戒律でした。最澄は帰国後、
これら4つの教えを融合させ、独自の天台宗を乞う興したのです。
 最澄の没後、三代天台(天台宗の最高位僧)の円仁、五代座主の円珍が唐から最新の密教を持ち帰ったことで、真言宗に押させ気味だった天台宗の密教数学は一気に充実しました。
 その後、天台宗の最盛期を築いたのが平安中期の良源(りょうげん)です。良源は火災によって多くのお堂を焼失した比叡山を復興すると共に天台数学を立て直し、比叡山中興の祖として知られます。
 後、法然、親鸞、栄西、道元、日蓮が学んだのも比叡山です。

おすすめリンク
生前戒名普及会
 戒名,法名,法号,院号が生前に授与されます。
 後に残される家族に負担をかけない為にも
法事・法要・仏事豆知識
 法事・法要・お彼岸・お盆・墓参りなど
 仏事豆知識を紹介しています
戒名普及会
 亡くなられた方の戒名から生前戒名まで
 戒名のことなら戒名普及会へ
日本の仏教・宗教・宗派
 日本の宗派を代表とする十三宗の総本山・本山を
 紹介しています。宗派別でお寺がご覧頂けます。
戒名から法事・法要のことまで
 葬儀・法事・法要・開眼まで行ないます
 各宗派の僧侶が出向きます
お彼岸豆知識
 お彼岸の由来や時期・供養の仕方など紹介しています
戒名・位牌・四十九日のことなら
  仏教の伝来から現代を代表する十三宗について
 紹介しています
淡路島七福神
 日本のふるさと淡路島の、歴史のロマンを秘めた
 数多くの史跡や文化遺産を紹介しています。

天台宗・比叡山延暦寺へ戻る日本のお寺トップページへ